小学生が英語を独学するために必要なおすすめ教材【目的別】

インターナショナルスクールや、英語塾、英語スクールに通わずに「自宅で英語学習をする」小学生の子供向け教材を目的別にご紹介します。

送り迎えの時間を短縮できる事が魅力の「独学」で、スクールに通うお友達と同じまたはそれ以上のスキルをつけることができる魅力的な教材ばかりです。

 

スポンサーリンク

小学生が英語を独学するために必要な教材・本

えいごえほん百科

独学の強みは「読み・書き」。
単語や熟語・フレーズを楽しく読んで覚えられる参考書は「えいごえほん百科スタート」

英語の本

ただ単に単語の羅列だけではなく、それに合った質問文も一緒に覚えられます。
また、英語の歌の歌詞など1冊の中でいろんなことが楽しめるので飽きずに使えます。

この本に出会ったときに教材として完璧だ!
と感動したため、別記事で詳しくご紹介しています。

小学生の英語自宅学習におすすめの絵本「えいごえほん百科スタート」
小学生の英語学習、特に単語を覚える教材に使える良い本を見つけましたのでご紹介します。学ぶ方にも教える方にも気を使って作られているのがよくわかる本です。子供が飽きずに英語を楽しみながら勉強できるおすすめ参考書です。

■ 楽天市場で「えいごえほん百科スタート」を見てみる

 

先ほどのえいご百科スタートを読み終わったら、次はジャンプ。
シリーズ化されているので、きちんと流れがあって覚えやすいです。

■ 楽天市場で「えいごえほん百科ジャンプ」を見てみる

小学生のための英語練習帳

個人的に好きな旺文社の英語練習帳。
英検5級に対応している参考書です。

■ 楽天市場で小学生のための英語練習帳1を見てみる

こちらはシリーズの第二弾。
英単語に特化した参考書でs。
小学校で習う単語と英検5級の重要単語400語が身につきます。


■ 楽天市場で小学生のための英語練習帳2を見てみる

 

英検やTOIEC(トイック)、CASEC(キャセック)などの英語コミュニケーション検定試験。
小学生にはまだ早いと思われがちですが、
どんどん目指していくべきだと思います。

子供にはどんな英語試験が向いているか?
という事は別の記事で解説しています。

小学生への英語試験はTOEICか英検か。英検をおすすめする理由
小学生の英語学習。英語の資格試験を考える時にTOEICか英検か迷われることも多いと思います。おすすめするのは英語検定試験。その理由や勉強方法を詳しくご紹介します。

小学生の英語独学には絵本の読み聞かせも大事

単語や熟語などを勉強する参考書系の本だけでなく、
寝る前などに絵本を読み聞かせて、想像力と共に英語を吸収させましょう。

覚えた単語が出てくると記憶に定着もしやすいですし、
毎日のルーティーンにする事で「勉強」ではなく「楽しみな日課」となります。

英語発音の基礎が詰まった絵本「ドクタースース」

おすすめの本はドクタースース。
まずはこの作者の本一択!
子供が英語を覚えるために作られ物なので、リズムや構造がとても素晴らしいです。

  • リズミカルな英語
  • カラフルな挿絵
  • コミカルなお話

このような要素があり、小さな子供から中学生まで楽しめる不思議な絵本です。
私も教材に使おうと思い何冊か購入して、未だに大切に持っています(笑)

「Cat in the Hat」は特におすすめの一冊です。
アメリカの子供は幼少期に必ず読んでいるのではないでしょうか。
私の小さなルームメイト(3才)も大好きで、毎晩読まされました。

 

今となっては私の発音を上達させてくれたのは、
まぎれもなく小さなお友達の「彼」だったのだな、と感謝しています。

■ 楽天市場でドクタースースの英語絵本を見てみる

 

サイトワードを覚えるポップコーンのゲーム

サイトワードの重要性は以前ご紹介しました。

小学生の英語は何から始めるべき?【サイトワードの重要性】
小学生の英語の勉強の始め方って難しいですよね。初めは何から勉強するべき?と迷う方に「サイトワード」の重要性と、覚えるべき単語(グレード別)、楽しい覚え方をご紹介します。

この頻出単語を覚えるのにピッタリなポップゲーム。
まず見た目が可愛いので、「楽しそう!」という気持ちになります。
「勉強」とかけ離れたデザインなので、子供たちもとっつきやすいはず。

 

英語のリスニング力を高める音楽CD/DVD

英語の音声を聞いて、耳を鍛える訓練も必要です。
好きなアニメなどを英語で聞いて覚えて発音してみましょう。

小学生に楽しい英語を学ばせるならアニメがおすすめです
小学生は興味をひきやすい分飽きやすい。英語の勉強に関してもそうだと悩まれている方に教えたい「英語のアニメ」を使った学習方法をご紹介します。楽しみながら英会話を学ぶことが出来るので自宅学習に向いています。

 

また、本やCD/DVDなど英語を自宅学習で学ぶ子供たちに向けた教材も沢山あります。
人気の教材をまとめると・・・

 

1: ハッピーイングリッシュ

ゆっくりと発音された単語を繰り返し聞いて発音し、ネイティブの「発音」を重点的にマスター。
バイリンガルを目指したい、ネイティブの発音に近づけたい方向けの学習教材です。

例えば、単語の真ん中に入っているRの発音。
サラッと繰り返すだけでは綺麗なRの発音は出来ません。

こういった細かい場所(日本人発音になりがちな部分)がきちんと学習できるところがハッピーイングリッシュの強みです。

子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

2: 旺文社のネットドリル

出ました旺文社。
そろそろ回し者じゃないかと怪しまれそうですが・・・(笑)

英語を教えるための教材を選んでいたときも、
自分が資格などの試験を受けようと勉強していたときもいつも「この参考書分かりやすい!」と思ったらだいたい旺文社のものでした。

ですので、旺文社には絶大な信頼を寄せている私です。
問題が分かった時に「嬉しい!」と感じられるので、続けやすいです。

楽しく学んで英検への準備もできる旺文社ネットドリル

 

ちまたで話題の七田式

音楽CDを聞いて口に出す。
日常で使う700のフレーズを覚えることが出来ます。

高速右脳システムを用いることで右脳を活性化させて、効率よく英語を学ぶことが出来ます。

【快挙!】なんと日本文芸アカデミー賞受賞の英語学習法!

 

こういった教材は価格が高いと感じることもあると思いますが、
ちょこちょこ良さそうな教材を購入しているうちに意外と同じくらいかそれ以上の価格になることも多々あります。

ご自分で探す手間もあわせると、
小学生の英語を上達させるために開発されている商品を1つ買ってみるのも長い目で見るとリーズナブルで、安心だったりするので、検討されてみるのも良いと思います。

また小学生向けの英語教材で良いものがあれば追記します。
宜しければブックマークなどしていただけると嬉しいです。