小学生・大人にも使える英会話 海外旅行先で世間話に役立つ英語5選

子供さんにバイリンガルになって欲しい、英語が出来るようになって欲しい、のちに留学させたいと思っている親御さんは早いうちから英語圏への海外旅行を考える方も多いですよね。

始めてみる外国の景色・違う言葉を話す人を実際に見ることはとても刺激になります。

海外旅行に行った際にお店の店員さんや、交通機関で隣り合わせた方などと話す機会も外国では沢山ありますので、その時に使える英会話を練習しておくと良いですよ。

スポンサーリンク

小学生・大人にも使える英会話 海外旅行先で世間話に役立つ英語

小学生だけでなく、すべての人に共通して使えるものです。
私の実体験に基づいて、海外旅行先で頻繁に出くわすフレーズをご紹介します。

 

小学生ならここからスタート!英語で挨拶を返してみよう

レストランを出る時、ショッピングでお会計を終わらせたときに、

Have a nice day. 良い一日を過ごしてね。
Have a good day.

とかなりの確率で言われるかと思います。

 

日本ではない挨拶ですので、ペコリと頭を下げる方が多いかもしれませんね。
ここは「Thanks, you too.」(ありがとう、あなたもね)と返すのが適切です。

 

英語でオーダー/買い物をしてみよう

~をください。
このフレーズは旅行中に何度も使います。

Could I have ~,please ?
Colud I get ~,please?

  • レストランで注文する時
  • カフェでコーヒーを頼む時
  • ショップで何かを買う時

いつでも使える表現ですので、ぜひ覚えて行きましょう。

英会話でもキャッチボールをしよう

レストランやショップの店員さんからは結構話しかけられます。
その中でよく聞かれるのは

「Where are you from?」
「Where are you guys from?」

どこから来たの?

ダントツでこう話しかけられることが多いです。

大人の私たちにとってはごくごく簡単なフレーズですよね。
Be動詞+you で聞かれているので回答は

「I’m from Japan.」
「We’re from Japan」
主語・述語を省いて「From Japan」でも良いと思います。

簡単ですが、ここで終わってしまうことが多かったりしませんか?
会話のキャッチボールが一度で終了なんてもったいないです。

 

英語で話しかけられたら、質問し返してみよう

Where are you guys from? どこから来たの?
We’re from Japan. 日本から来ました。

きっと何かしらここで反応があると思いますので、ここで終わらせないで
Have you been(to Japan)? 来たことありますか?と聞いてみましょう。

答えがYesの場合は Which part of Japan? 日本のどこのエリアなのか聞いてみる。
でもだいたいここはNoの場合が多いはず。

I’ve never been yet. 言ったことないんですよねと言われたら、

You should come in Spring. 春がおすすめですよ。
You can see cherry blossoms. 桜を見ることが出来ます。

また、
You should come to Kyoto. 京都がおすすめですよ。
You can enjoy really Japanese style. 日本らしさを楽しめます。

こんな風に言えると会話が膨らみますよね。

 

この初めてシチュエーションを練習しておくと、
何回かに一度くらいは使う機会があるんじゃないかなと思います。

 

今度は自分から。簡単な英語で話しかけてみよう

小学生・英会話初心者にピッタリのフレーズが「エレベーター」にあります。
日本はボタンを各自で押す文化ですが、アメリカではボタンに近い人が押すことが多いです。

自分がボタンの近くにいて、誰かが載ってきた場合は

「Which floor? /What floor?」何階ですか?と聞いてみましょう。
階数が返って来るだけなので、難易度が低くスタートにはよい会話練習になると思います。

階数はone two three ではなく、
first, second, third,fourth, fifth の「~番目」と同じ数え方をします。

  • 1st floor 1階
  • 2nd floor 2階
  • 3rd floor 3階
  • 4th floor 4階
  • Basement floor 地下

 

例えば3階なら、「Third floor, please. 」ですので3のボタンを押してあげましょう。
逆に聞かれて押してもらう時は最後にThank you.を忘れずに。

 

レディーファーストに気を付けよう

それから、エレベーターに乗る際に誰かとかち合ってしまったとき。
お先にどうぞは「After you.」や「You go first.」を使います。
前者の方が多いですかね。

欧米では男性が女性に譲るのが当たり前ですので、
もしあなたが男性ならこのフレーズは頻出です。

また、我先にと乗ってしまうと印象が良くありませんので気を付けましょう。

 

 

トラベル英会話についてはこちらの記事の中でもご紹介しています。

小学生が覚えたい「おすすめ旅行英語」 現地で英会話を楽しもう
小学生が英語を好きになるきっかけとして、海外旅行に連れて行くのはとても有効な手段です。旅行前に頻出単語やフレーズを覚えて現地で楽しく実践するととても効率的に身に着けることができます。子供が使えるトラベル英会話(単語・フレーズ)をご紹介します。

 

小学生だけでなく大人も使えるトラベル英会話。
外国へ旅行に行くたびにフレーズの知識を増やして、アウトプットして帰ってきたいですね。

勇気を出して英語でどんどん話をしてみましょう。