留学に持って行って良かったもの・なくても良かったもの

海外留学をするときに持って行った方が良いものをいくつかご紹介します。

自分が留学をしたときに持って行かずに後悔したもの、持って行ってよかったと思ったものを中心にご紹介します。

この記事はこんな方の参考になります。

  • これから留学する予定があるので持ち物を知りたい
  • 留学中に荷物を何度も親に送らせたくない
  • 留学している友達が必要なものを知りたい
スポンサーリンク

海外留学時に持って行ってよかったもの

簡単にわたせる日本のお土産


留学中にはとにかくいろんな人と出会います。
現地に住んでいる方にちょっとしたお土産を渡すことができると会話も広がるので、日本らしいアイテムを沢山持っていくと良いと思います。

  • 折り紙
  • 扇子
  • ハンカチ

など和柄の日本らしいものはとても喜ばれます。
また、ボールペンなども質が良いと喜ばれました。

ちょっとしたお菓子も外国人に面白がられる

いわゆる駄菓子系のお菓子も喜ばれます。
ホームステイ先に子供がいたり、ご近所の子供にあげたり。

パーティーに持って行ってもお土産にしても、
自分のお菓子にしても良いので、できれば持って行くことをお勧めします。

 

○ ウケが良かったお菓子 ○

  • うまい棒
  • キットカット
  • チロルチョコ
  • ハッピーターン
  • マーブルガム(四角い箱の5粒ぐらいガムが入ったやつ)

自己紹介するための写真アルバム

数ページのもので良いので、自分の家族やペットなどの写真、
日本の代表的な観光地へ行った時の写真などがあると自己紹介時に役立ちます。

スマホに画像が入っているならそれで事足りる場合もありますが、
ホームステイ先のホストファミリーの親戚など年齢が高い方なんかとお話しするときはミニアルバムがあるととても便利だと感じました。

 

※とにかく会話の導入になるようなものがあると便利です。
留学中は1秒でも多く喋っていた方が良いですからね。
話のネタはいくつあっても足りないことはないと思います。

英語の参考書

現地で通うスクールでテキストをもらいますが、
日本語のテキスト(私は文法集を持っていきました)があると空き時間に復習などできて便利です。

私は受験の時に使ったようなイディオムがたくさん載ったものを持っていきました。
日常会話には使わない表現もたくさんありましたけれど、論文を書く時にはとても便利でした。

レトルトカレー

日本のレトルトカレーはとても人気です。
アジア系のフードは高いので、保存がきくレトルトカレーは多めに持っていきたいです。

留学中はパーティーをすることも多く、自国のお料理を作る機会が増えます。
特にポットラック系のパーティーが多く、各々が料理を持ち寄ります。

日本人だと以下のフード。

  • お寿司
  • お好み焼き
  • なぜかカレー
  • おにぎり

これらを担当することが多かったです。

留学中にはパーティーに参加することが多い

ドレッシーなお洋服(ワンピースドレス)

私は滞在中に2回結婚式に参列しました。
留学生ですし、あまり礼儀どうこうはないですが、パーティーに着られる簡単なドレスを1枚持って行っておけばよかったな、と後悔しました。

ウェディングではなくとも、ちょっとおしゃれしてお食事。
こういった機会もあるのでかさばらないものを一枚持っていきましょう。

※普段使いもできるものならなお良しです。

日本らしい浴衣

パーティーなどでは浴衣を着ると喜ばれます。
もし持っているならば鮮やかな色合いで日本らしい柄の浴衣を持っていくと良いと思います。

※スクールではイベントごとにパーティーをして交流を図ることも多いです。

日本らしい物は積極的に持って行く

お土産や浴衣もそうですが、
「日本らしいもの」
「日本をアピールできるもの」

こう言うものは積極的に持っていくと良いです。

なぜなら論文を書く時、スピーチをするときに「自分の国の○○」と言うテーマで発表することが少なくないからです。

私の友人は風呂敷を持っていき、
風呂敷の文化や使い方をスピーチしていました。
日本独自のものなので、とても興味深そうに皆聞いていました。

コーヒー好きならお気に入りを持って行こう

個人的にはアメリカ圏には美味しいインスタントコーヒーが少ないと思います。
私はコーヒーが好きで毎日飲みますので、持ってけばよかったと後悔しました。

スターバックスを1日に数回利用すると結構金額的にきついです。
できればカフェは1日1回にして、あとは家飲みできるように美味しいコーヒーを(紅茶好きなら紅茶を)持っていきましょう。

ホームシック?途中で小説が読みたくなった

ふと日本の小説が読みたいスイッチが入った時期がありました。
電子書籍を買うことのできる時代ですので今の方には必要がないかもしれませんが、日本の小説を現地で買うととても高いので、10冊くらい持っていけばよかったなと思いました。

帰るときには仲良くなった日本人の子にあげてしまえば荷物になりませんしね。
当時は古本のブックオフで100円で売っていそうな本が300-500円で販売されていました。

 

また新品の本を店頭で見つけることはできませんでした。
今はアマゾンとかで買えるのかもしれませんが、国際便だと送料が高くなると思うので本が好きな方はちょこっとあると良いかもです。

持って行かなくても良かったもの

最後に少しこれは現地で買ったもので良かったかもしれない、と思ったものもご紹介しておきます。

風邪薬

現地の風邪は現地の薬じゃないと効かない。
そんな風に感じましたので、私は特に必要がなかったかなと思いました。

常備薬があるならそれは持って行った方が良いです。

ノート類

日本のボールペンは喜ばれるのでお土産に持って行くと良いですが、
自分が使う筆記用具なんかは現地で買ったもので十分でした。

むしろ、外国らしいものを使う方が気持ちも上がります。

ちょっとの雨なら傘をささない文化なので、
私もすっかり同じタイプになりました。

移動もバスやタクシーを使うことが多かったので、傘を使った記憶がありません。

 

また思い出したら追記したいと思います。

私が留学した時に通したエージェントはラストリゾートさんでした。
今も現役で嬉しいです。
ここのサポートがとても心強く、安心して留学することが出来ました。