英語で教える!英語講師のための授業の組み立て方(時間と配分)

スポンサーリンク

子供に英語で英語の授業をしたい。そんな英語講師・先生が使える英語フレーズと授業の組み立て方をご紹介します。

英語の授業

ABOUT ME
スキエイゴ( @sukieigo )です。
北米留学経験と英語教師の資格(TESOL)があります。

ネイティブの子供と暮らし、言葉を覚える過程を隣で見ました。
また小・中・高校生に英語を教えた経験があります。

「5W1Hの教え方」「サイトワードの教え方」も合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

45分の英語授業の組み立て方

英会話レッスンの時間配分

  • 導入部分・ウォームアップ 10分 ※おすすめ動画
  • 先週の復習 5分
  • 本題 25分
  • まとめ(クロージング)・宿題など 5分

子供たちに分かりやすく教える

英語の授業

英語でのレッスンは日本語で行う時よりも注意深く生徒を見る必要があります。飽きていないか、ついてこれていない子はいないか。常に表情を確認しながら行っていきましょう。

たまに泣きそうな顔している子がいるよ。
声をかけたり簡単な質問をしてあげよう。

もし理解していない子がいれば生徒に教えさせるのも良いです。理解していそうな子を指名して説明をさせる。子供の言葉で説明されると分かりやすいこともありますし、教えた子供も記憶に定着するので一石二鳥です。

 

生徒が参加できる・アクティブかどうか

子供への英語の授業ではアクティブラーニングを心がけると良いです。どうしても他国の言語での授業となるとハードルが上がりがち。

先生も発音(アクセント)に気をつけて。

そんな時楽しいゲームのような授業や歌・ダンスを取り入れた授業ですと子供も受け入れやすいです。

インプットとアウトプットの両方があるか

脳を育てるえいごのうた

語学はインプットした後に日常生活の中で「つながる」と脳に定着します。例えば、2歳の子供は「Old M’cdonald had a farm」の歌を覚えてよく歌います。その中に出てくる「Oink oink」という鳴き声を絵本で知った時、豚の鳴き声はOinkなんだということが知識として定着しました。

暗記するだけだとすぐ忘れちゃうんだ。

常に覚えたことを使ってみることができるか。楽しく使える方法を考えてあげましょう。

 

先生が助かる!使える学習教材

学校の先生

100均アイテムやパソコンなどで自作して教材を作るのも良いですが、忙しい先生は何かアイテムがあると便利。

私も自作の物よりは買い揃えたゲームなどを使って授業をしていました。子供が喜んでくれた学習教材をご紹介します。

DVD鑑賞が有効!グーミーズがおすすめ

グーミーズ DVD

子供は動画を見るのが大好きです。ショートエピソードの英語アニメーションを見せる授業はとても喜ばれます。5~10分程度のものを鑑賞し、その物語について質問に答えたり感想を述べます。

このDVDは本当におすすめ。
私のおすすめナンバーワン!!!

>> 私のgoomies使用レビュー



幼い子供の場合は文章で答えるのは難しいので、一単語で答えられるように質問するのが良いです。

Do you remember the color of the dog?
-White

このような感じ。まずは絶対に答えられる簡単なものを質問し、子供が声を出して答えることに抵抗がなくなるように。とにかく楽しんで学べる環境を作りましょう。

 

\ 授業用にチェックしてみよう /

Goomies 子供英語DVD

ピクショナリー(Pictionary)

スクラブル・ピクショナリー

実際に留学中ESLスクールの授業で使われ、私たち生徒が多いに楽しんだゲームです。簡単にいうとお絵かきゲーム。複雑なルールは簡単に変えてあげればOK!

まずはカードの単語を覚える授業を。その後ゲームをすると盛り上がること間違いなしです。

生徒たち盛り上がりすぎにて2週に渡りました。

楽天市場でpictionaryを見てみる

職業当てゲーム


たくさん職業を覚えられるので英検対策にもピッタリの授業です。doctor, teacher, musicianなど身近で使いやすい職業の単語をたくさん選びましょう。

カードゲームは手っ取り早くて良いよ。
ウォームアップでも使えるよ。
>> ルールやゲームのやり方はこちら

楽天市場で英語の単語カードを見てみる

アイテムなしでできる英単語記憶ゲーム

  • 古今東西
  • 20 QUESTIONS
  • おしゃれ競争

 

こういう簡単にできるゲームは先生の頭の中にいくつかストックしておくべき。

各ゲームのやり方は「英語の授業に使える英単語を覚える楽しいゲーム」をご覧ください。

 

英語教師が使う必須の英語フレーズ

参考書

ウォームアップ時に使える表現

What did you do on this weekend?
Tell us about it!
Did you stay at home?
That’s sounds nice!

That’s good, too.
これは例えば「1日寝ていた」などの回答が帰ってきた時に便利。

本題の授業に使える表現

Today we are going to ~
Are you ready?
Let’s start.

注意・指示する時に使う英語表現

Look at me
Listen to me
Please stand up
Can you find ~
Can you point ~

さらに「小学校の授業で頻出の英語授業に使えるフレーズ」では実際使える英会話表現を多数ご紹介しています。

 

英語で授業をする時に先生が気をつけたいのは発音。
自信がないならオンライン英会話でサクッと予習をするのがおすすめ!

これからはどんどん英語での授業が求められる時代。難しいと感じるかもしれませんが、ある程度自分のテンプレートを作っておけばそれに当てはめるだけです。

子供たちが楽しいと思う授業を作ってあげてください。

タイトルとURLをコピーしました