英語を始めるのは小学生からが良い 英語教育をスタートする時期

お子様への英語教育について悩まれるお母さまも多いですよね。
母国語ではない言語をいつから教えるべきかそれぞれお考えがあると思います。

子供たちが母国語を含めて言語を習得していく姿を見て、
私が感じた事、どのように始めればよいかについてお話いたします。

 

スポンサーリンク

英語を学び始めるのは小学生が良い

幼児教育として小さなうちからスタートするよりは、
日本語の基礎が出来上がった小学校の時期に学び始めるのが良いと私は考えます。

母国語をある程度きちんと組み立てることが出来るようになり、
日常会話に支障がなくなってから新しい物に触れさせるといった感じです。

 

私は外国で外国人の子供と一緒国らした経験があります。
幼児と言われる時期は文法もよく間違えますし、LやRの発音も上手くできません。
その時期から外国語を勉強し始めてしまうと知らずのうちに(文法を組み立てる時などに)母国語と混同してしまうことがあります。

ですので、ある程度母国語が固まった時期、
「小学生」という時期から学び始めることをお勧めします。

 

中学生からでは遅いの?

2020年からは日本の英語教育も変わると言われていますが
今までは英語教育が始まるのは中学生から。

日本では書くことに重きを置いて教えているという理由もありますが、
やはり中学生から大学生まで、10年間学校で学んでもネイティブのような綺麗な発音が出来る人はあまり見た事がありません。

 

綺麗な発音を手に入れるために、
小学生のうちからネイティブが話す英語を聞いて耳を慣らしておくことで、
後に差が付きやすくなります。

 

(実際大人になってから留学した友達はペラペラですが発音は全く日本人の発音です。耳を鍛えておくかどうかでマスターしてからも発音には差が出ることが往々にしてあります。)

 

2020年からは小学5年生から必須科目になる予定

とここで、日本の教育にも大きな変化が。
2020年からは小学校5年生・6年生は英語が外国語として教科に含まれる予定です。
また、3年生・4年生では外国語に触れる外国語活動が始まります。

文部科学省もやはり小学生から英語を学ぶことが必要だと判断したのでしょうね。

 

そうなると外国語活動が始まる前、つまり1・2年生のうちに
お家で英語に親しむ環境づくりをしておきたいところです。

 

小学生の英語学習の初め方

英語の勉強を始めると言っても、
単語を覚えたり構文を覚えたりというわけではなく、
まずは「耳馴染みをつける」くらいから始めると良いです。

 

例えば、

  • 英語の音楽を聞かせてみる
  • 動きが面白い英語のDVDを見せてみる
  • 同じく内容の分かりやすい英語の動画を見せる
  • 英語の絵本を読み聞かせてみる
  • 英語に関するゲームを一緒にやってみる

こんな感じで、
ご自分のお子さんが「楽しく負担に感じない」程度からはじめてみてください。

 

母国語を学ぶときも、順番は

  1. 聞く
  2. 使って話してみる
  3. 書く

という順番ですよね。

それと同じように英語もまずは聞くことから始める事をお勧めします。

ドラえもんといっしょ まほうでABC [ 水田わさび ]

小学生から英語を学ぶメリット

このように小学生から英語に触れることはメリットが沢山あります。
デメリットがあるとすれば、「無理に学ばそうとして英語が嫌いになる」ということ。

これはそうならないようにご両親が
楽しさを教えてあげる事、無理強いをしない事で回避できるはずです。

関連資料:小学生の子供が英語嫌いになるのを避けるために必要な3つの事

小学生へ初めての教材 選び方

ディズニー映画など、普段から好きで見るような作品のDVD、ブルーレイがおすすめ。
お話をよく知っているものを選んであげると良いです。

関連資料:小学生に楽しい英語を学ばせるならアニメがおすすめ!

 

話を知っていると、
このシーンではこんなことを話しているのかな?と想像しやすくなるので、
苦手意識を持ちにくいと思います。

 

また、昔で言うトムとジェリーのような、
ほとんど会話がなく視覚的に面白い物も初めはおススメです。
笑えるものがベストかな、と個人的には思います。

目的は英単語を覚えるという事ではなく、
英語に触れる事。
自分の周りに当たり前にある物にする事。

英語を未知の物でなくす事なので、気楽に楽しく見られるものを選んであげてください。

 

親も一緒に見て楽しむ

初めのうちは、ご両親も一緒に参加してあげてください
「見てごらん」と一人で見せるのではなく、面白いところはともに声を出して笑い、覚えやすい短い単語は口に出してあげると子供も覚えやすいです。

 

言語は何度も繰り返すことで体で覚えていきます。

 

ご家族で楽しく遊ぶことのに中に英語がある。
とにかく「英語は楽しい」と思ってもらえる事が一番重要です。

 

探す時は言語に英語があるかチェックされた方が良いですね。

■ 楽天市場でディズニーのブルーレイ・DVDを見てみる

 

親が小学生に英語を教えるためにする事

お子様に英語を教えるにあたって親御さんが英語をおさらいしておきたい。
習いに行く時間はないので、教材でまるっと復習したい。

そんな時にはECCの教材がおすすめです。
1日7分で日常会話を振り返ることが出来るので、家事の合間にお子様に英語を教える準備(復習)ができます。

ECCは大手なので信頼できます。
価格もお手頃なのでぜひチェックしてみてください。
↓  ↓

ECCの大人が楽しい英語!