英語の早期教育は無駄?失敗するとどうなるか、成功するためには

英語の早期教育・幼児教育に関しては賛否あります。

林修氏などは英語の早期教育には否定的なことで有名。
英語を幼少期から学ぶことは無駄なのでしょうか?

今日は個人的な見解と失敗したらどうなるか、成功させるために必要な事を小さなお子様をお持ちの方とシェアしたいと思います。

泣く子供

このような方の疑問を解決します。

  • 早くから英語を学ばせたいけれど失敗したら怖いな
  • どうしたら英語が好きになってくれるのかな
  • バイリンガルに育って欲しい
  • 早期教育のリスクも知っておきたい

ABOUT ME

留学中にTESLの資格(平たくいうと英語教師の資格)を取りました。
小学生から高校生まで英語を教えた経験があります。

.

経験に基づき、英語教育に思うことを綴っています。

スポンサーリンク

英語の早期教育・幼児教育の必要性

個人的には英語の早期教育に関しては反対よりの意見を持っています。
ですが、全く触れさせないのも違うと感じています。

0歳〜4歳の間は教育ではなく、遊びとして軽く触れさせるのが個人的には良いと感じています。

早期教育について詳しくはこちらでご説明しています。
よろしければ参考にしてみてください。

幼児教育として英語を教えるべきか、おすすめの科目は?
幼児教育っていつ頃にどのような物を教えれば良いのか、また教えてはいけないのか気になりますよね。今日はいつごろにどのような事を学ぶのが良いのか、また習い事や教科はどのようなものが良いのかという事について皆さんとシェアしたいと思います。

英語の早期教育で失敗するとどうなるのか

勉強を嫌がる子供

子供をこのような状態にするなら無駄!

よく聞く話としては

  • 英語に拒否反応を示すようになる
  • 頭の中で混同して落ち着きをなくす
  • 黒いクレヨンしか使わなくなるなどのストレスを見せる

親が無理強いすると子供は強いストレスを感じることがあります。
過度に期待せず、無理に覚えさせず、とにかく楽しいと思わせることが必要です。

もし、嫌がるならその時はスッパリやめましょう。
また機会を見て、別のアプローチを試してみるべきです。

英語を教えるに当たって失敗しがちな例

  • 実力に合わない問題・暗記を強要
  • 子供のギアが入るまでにガツガツ教えてしまう
  • 問題集を使って学習らしい環境にする
  • どうして覚えられないの?などと言う
  • 「やりなさい」と言う

私は主に中学生に英語を教えていましたが、その時に気をつけていた事と基本的には同じ。

子供さんとの信頼関係が出来て、英語を勉強したい!と言うテンションになるまでは中学生でも教科書を使わないスタイルでした。(ご両親には先に了承頂いていました)

 

最初に教科書を開かないのは不安かもしれませんが、急がば回れのシステム。
最重要事項は以下の2つ。

  • 子供に英語を好きになってもらうこと
  • 勉強したいというスイッチを押すこと

これ以外は何も考えなくて良いです。

子供に英語を勉強したいと思わせるために必要なこと

ではどんな時にスイッチが入るか。
それは「憧れ」を持ってもらうのが一番です。

憧れる
robuさんによるイラストACからのイラスト

英語が話せるってカッコイイ!!!!

こう思わせたらあとは一気に知識を流し込むだけですので、まずは気持ちを0から1にする作業にコミットしましょう。

英語が話せるとカッコイイと思わせるテクニック

小さな子供には同じ歳くらいの子供がキラキラしている姿を見せるのが一番。
例えば、幼少期に「アイドル」になりたいと思わせるのと同じですね。

英語スクールの体験に行く

同年代のお友達が英語スクールで楽しく英語を話す姿を見せるのはかなり有効です。
自分の目で実際に見る体験は心に刺さりやすいですよね。

子供向け(小学生)評判の良い英会話学校・オンラインスクールを比較
子供(幼稚園・小学生・中学生)に評判の良い英会話学校・オンラインスクールを徹底的に比較しました。「レッスン内容・価格・特徴・利用者の声・無料体験など」どこのスクールにするか迷っているなら大体のスクールを比較できると思います。

英語の教育番組を見せる

例えば、Catchatなんかは教育番組なのですが、
バイリンガルキッズが出てきます。

英語で想いを伝えたり、歌ったりダンスしたり。
画面を通してでも(実際に見るよりは弱いかもしれませんが)自分もそうなりたいと憧れを持ちやすくなります。

 

CatChatは本当におすすめで、以前詳しくご紹介した記事があります。
よろしければご参考にどうぞ。

【子供の英語教材】聞き流しにおすすめの教育番組(DVDあり)
小学生くらいの子供のリスニング・スピーキングを養うためにおすすめの英語教育番組「Catchat」。児童が楽しんで覚えられる仕掛けが沢山で、教材として完璧に近いと個人的に感じる番組です。発音の基礎・体を使って覚える・インプットとアウトプットができると3拍子揃っているのでぜひ使ってみてください。

 

この番組もおすすめ
小さいうちから楽しめるこの番組はぜひ試して欲しいです。

【グーミーズ(Goomies)】幼児・小学生に見せたい英語の教育番組
英語を教えた経験とネイティブの子供と暮らした経験から幼児教育として英語を教えるためにとても良いと思った教育番組をご紹介します。主にリスニングを強化できる番組で、「おはなし・単語・歌」で構成された3分のミニ番組「Goomies」グーミーズです。小学生の児童でも初心者ならOKです。

英語を話す国に旅行をする

家族旅行を海外旅行にしてみるのもおすすめ。
実際に自分たちとは違う言葉を話す人がいるんだという事を体感するのも英語スクールに通うのと同じくらいインパクトがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ビッグラッテストーン グアム🇬🇺  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ グアムのタモンから車で20分ほどで到着する「ラッテオブフリーダム」。 . 見渡すと一面海🏖 波の音と広がる地平線に心癒されます。 . 本日のブログで詳しくご紹介しました。またYouTube動画もご用意しましたので併せてご覧ください。 . プロフィールのリンクよりお待ちしています。 . #グアム #グアム旅行 #グアム旅行記 #グアムの海 #グアム観光 #グアムブログ #ラッテオブフリーダム #ビッグラッテストーン #インスタグアム #海外旅行 #ブログ更新

グアム大人の旅ブログさん(@guamist)がシェアした投稿 –

お子さんが小さい事を考えると

  • グアム
  • ハワイ

あたりがおすすめです。
ちなみにグアム旅行をお考えの場合は「グアム大人の旅ブログ」が参考になります。

英語早期教育の方向性について考えてみよう

いかがでしたでしょうか。
本日は幼少期における早期教育・幼児教育の必要性と、失敗のリスクについて考えてみました。

どのタイミングでどのようにお子様に英語と関わらせていくのが良いのかイメージしてみてください。