小学生の英語教育が変わる!2020年から英語が必修に

2020年から小学校で英語教育のカリキュラムが開始します。
今までは英語というと中学生からというイメージがありましたが、
小学校の高学年から科目としてスタートすることになります。

 

スポンサーリンク

小学3年生・4年生は体験学習型の授業

まずは中学年の3,4年生から。
まだ科目として必修にはなりませんが、ビギナー向けの英語に触れる授業が始まります。

体験型学習は年間35コマ(週に1コマ)の授業。

アルファベットや外国語のリズム、
発音に慣れる事を目的とした「歌やゲーム」を中心に行われるそうです。

 

小学校5年生からは科目として英語学習スタート

 

高学年になると「国語・算数・理科・社会」に英語が加わり、必須が5教科となります。
英語教科は年間70コマ(週に2コマ)で実施される予定です。

 

英語こそ早期教育が後に役立つ科目ですので、
個人的にはとても良い動きだなと感じます。

 

小学生の間に学ぶ単語は600以上

小学校在籍中に覚える英単語は600~700と言われています。
なかなか多いですね。

出来る限り今現在中学校で学んでいる英語を前倒して小学生の間に学んでしまおうという考えのもとなんだそうで、

中学校に入ると英語の授業が英語で行われるようになるんだそうです。
日本の英語教育が本当に大きく変わりますね。

 

5

学校の英語の授業ついていけなくなるとツライはず

中学生になって、英語の授業が英語で行われるようになると、
ついていけないと感じたらあっというまに置いて行かれた気持ちになってしまうと思います。

先生の話すことが分からない、
お友達の話す言葉が分からない・・・。

そんな悲しい状況にならないように、
小学生の英語教育がスタートするまでの間に基礎がなんとなくでも理解できている状態にしておきたいですね。

 

英語の授業についていけなくならないために

もうすぐ英語教育に大きな変化がもたらされると予め分かっているので、
多くのご家庭で小学生に入る前から英語の勉強をスタートし始めているはず。

皆のレベルがもともと高い状態で始まるなら、
なおさら前もって準備をしておきたいところです。

  • 英語の歌を覚えてみる
  • 英語のDVDでダンスしてみる
  • 英語の絵本を読み聞かせる
  • 日常に出てくる英単語を覚えてみる

 

簡単に家にあるもので始めてみよう

まずは家にあるものを使って始めてみましょう。

例えば、ディズニーなどのDVDをお持ちの方、
外国語音声が付いているものはありませんか?

もしあるなら、今日は英語で見てみよう!
とご家族で楽しみながら英語で鑑賞してみましょう。

 

子供向けのアニメーションなら、
きっと聞き取れるフレーズがあるはず。

小学生に楽しい英語を学ばせるならアニメがおすすめです
小学生は興味をひきやすい分飽きやすい。英語の勉強に関してもそうだと悩まれている方に教えたい「英語のアニメ」を使った学習方法をご紹介します。楽しみながら英会話を学ぶことが出来るので自宅学習に向いています。

 

そのフレーズを復唱したりとただ観るだけでなく、
触れて体に取り込んでいけるとなお良いと思います。