小学生が「英語嫌い」になったらどうすれば良いの?【体験談】

もうすぐ小学生から英語教育が始まります。
それに先駆けて、小さい頃から英語・英会話を学ばせておきたいというご両親が増えていますよね。

外国語を学ばせる時に、
一番怖いのが「嫌いになってしまう」という事ではないでしょうか。

今日はそうならないために気を付けたい事柄についてお話します。

スポンサーリンク

英語を嫌いにならないために無理をさせない

まずは英語という言語が自分にとって近しい存在であると認識してもらうことが一番です。
早くから教えたからと言って急に話せるようになるわけでもありません。

  • 遊びの感覚で英語に触れる
  • 初めは勉強しているとは思わない形で

 

いつもの遊びの中に英語が入っている、くらいでOK。
とにかく子供さんに無理をさせないことが一番です。

嫌がったら教え方を変えよう

もしお子さんが英語に触れることを嫌がったら、
その時はその方法は即撤退

嫌なことをやらされているという気持ちでは逆効果です。

 

 

〇〇 体験談 〇〇

実際、私が教えていた子供の中には「英語嫌い」の子もいました。
(私が教えていたのは主に中学生ですが)

英語嫌いの子は分かりやすく試験の点数が低く、
学ぶモチベーションも低い。

そこで、教科書を教えることをやめ、
好きな音楽やシチュエーションでの英会話を教えることに切り替えた結果学校のテストの点数もあがりました

 

「楽しい・好き」という気持ちで勉強すると身につくスピードも速くなりますし、
「これって英語でなんて言うのかな?」なんて日常で疑問を抱いたりするようにもなってくれます。

 

私が英語を教える中で、一番興味深かった点です。
私は英語はずっと「好き」だったので、英語が嫌いな人の気持ちは理解しづらいです。

でも嫌いだった「歴史」と置き換えてみると寄り添えそうだと気が付きました。

 

嫌いなのはなぜか、理由を明らかにしよう

私が歴史が嫌いだと感じていたのは、
やはりその教科に親近感が沸かなかったからだと思います。

よく知らないおじさんが良く知らない場所で訳の分からない戦いを繰り広げる。
私にとって歴史ってこんなイメージでした。

 

きっと英語嫌いの生徒は、
よく分からない言語で使うかどうかも分からないのに教えられる物。
翻訳機があるんだから、しゃべれなくてもいいじゃん。

そんな風に感じているかもしれません。

 

それなら英語が分かったらこんなに楽しいんだ
そういうシチュエーションを親御さんが作ってあげてください。

  • 海外旅行に行く
  • 外国人の子供と遊ばせる
  • アプリや通信で外国人の先生とお話してみる
  • ECCなど語学学校の体験入学に行ってみる

このへんがおすすめです。

 

英語好きかも?のスイッチさえ入れば簡単

マンツーマンでは10人ほど英語を見てきましたが、
共通して感じたのは「英語って楽しいかも」という気持ちが芽生えたらそこからは簡単!

小学生だろうが、中学生だろうが高校生だろうが。
一度好きになれば、興味さえ持ってくれれば成績は上がります

 

そして苦手だった教科の成績が上がると、
自分に自信も持つようになり、1年後には得意科目になった子もいました。

 

一度嫌いになってしまっても元に戻すことは可能

よほどトラウマが出来てしまった・・・。
なんてことがない限り軌道修正は可能です。

机に向かってする勉強が嫌になったのなら、
教える切り口を変えて、歌ったり映画を見たりという勉強法に切り替えるなど、
お子さんが興味のある分野からのアプローチを考えてあげましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
今日はもしお子さんが「英語嫌い」になってしまったときの対処法についてお話しました。
お子様の英語教育の参考になると嬉しいです。