小学生がお風呂で使える英語フレーズ【日常会話必須の英会話表現】

英語表現を覚える時、日常でよく使う習慣的なものから始めると身につきやすく反復しやすいのでおすすめです。

今日はお風呂・シャワーで使える英語表現をまとめます。
子供さんに教えるのに良い表現です。

お風呂

DVDなどのリスニングにぴったりの可愛いアニメから英語を学ぶのも効果的です。
おすすめのアニメーションについてはGoomiesのDVDにハマる子供続出!でご参照ください。

ABOUT ME

留学中にTESOL(英語教師)の資格を取得。

小学生から高校生まで英語を教えた経験があります。

スポンサーリンク

お風呂で使える英語の単語

体の部分

主な体の部分の英単語を楽しく覚えていきましょう。

  • body 体
  • head 頭
  • hair 髪の毛
  • face 顔
  • legs 足
  • arms 腕

まずは何においても単語を覚えることが必要です。
legやarmは単数形で使うことの方が少ないので、最初から複数で覚えてしまう方が良いと思います。

細かい文法は文法が理解できる年齢になってからで全然間に合います。
まずは英語に触れること、そしてできれば本物に触れることが大切です。

本物に触れることの重要性については短期の語学留学で英語を学ぶ!短期で意味あるの?でご紹介しています。

 

話が飛びましたが、体の部位を覚えたら次は動詞。

 

お風呂で使える英語の動詞

覚えるべき単語は下記です。

主に体を洗うときなどに使う単語です。
入浴のたびに繰り返すことで覚えていくことができます。

  • touch 触る
  • scrub ゴシゴシする
  • tap タップする
  • rub さする

そしてこういう毎回繰り返して使えるものに関しては積極的に文章にして三人称の時はsをつけるなど文法を組み込んで使うと良いです。

You touch my finger.
He rubs your tummy.

(Heに関してはお人形を使ったりすると良いかも。)

しっかり教えなくても良いので、主語がHe/Sheなどになるとsが付く事にいつの日か気がつくように何度も聞かせれば大丈夫です。

 

お風呂に入る前に使える英会話表現

赤ちゃん

want to take a bath?

お風呂に入りたい?

そろそろお風呂にする?と行った意味です。

 

The bath is ready

お風呂はいるよ〜、お風呂の準備ができたよ〜という意味です。
~ is ready. はお風呂だけでなく、色々なシチュエーションで使うことができます。

例)Dinner is ready など

Take your clothes off

お洋服脱いでください〜という表現です。
clothesをshoesに変えれば靴を脱いでですし、こちらも日常で教えやすい言葉です。

 

入浴中に使う英語表現

お風呂入浴

Wash nicely

よーく洗ってねという意味です。

Let’s wash your hair

髪の毛を洗おう!

Put on a shower cap

シャワーキャップを被って!

Let’s rinse your hair

rinseはすすぐという意味です。
シャンプーなどの後にお湯で流す時に使います。

 

Soak in the bathtub

バスタブにしっかり浸かろうね

Let’s count to ten

10まで数えよう。
子供さんとのお風呂で上がる前に10まで数えるご家庭は多いと思います。

そのカウントをぜひ英語に変えてみてください。

 

お風呂から出た後に使える英語表現

Let’s dry you off

体を拭こうね

Can you put on your pajamas?

パジャマ着られる?
パジャマは上下セットなので複数形で使います。

 

いかがでしたでしょうか。
日常的によく使うお風呂での表現をまとめてみました。

お家でお子様に英語を教えたい方はぜひこう行った習慣的に使う言葉から初めてみてください。

peppa pigで日常会話を覚えよう