中学生の勉強法 英語の映画を吹替で!アナ雪でやり方を説明します

映画や海外ドラマの字幕鑑賞を繰り返しする事で、
英語の表現に慣れたり覚えたりする学習方法をご紹介します。

ピエール瀧さんがオラフの声優さんをしていた事で、
販売中止になってしまうのでしょうか・・・。

教材としてもとても良いので残念です(涙)
声優さんの差し替えでまた見ることが出来るようになりますように。

スポンサーリンク

映画の字幕が読めるようになるのは何歳から?

洋画やアメリカドラマ、アニメを吹替ではなく日本語字幕で楽しめるようになるのはいくつからでしょうか?

日常会話で使われる漢字がある程度読めて、
字幕のスピードについていくことが出来るようになり、
日本語を字幕で見て理解することが必要になる為、小学生では少し早いかもしれませんね。

 

だいたいは中学生頃から問題なくできるようになるようです。
高校生になるまでには字幕での洋画鑑賞が出来るようになっておきたいところです。

 

字幕付きの英語DVDを繰り返し見て音読しよう

中学生なら、知っているものよりも「話題になっている新作」の方が興味をひきそうですね。
映画館に見に行くのも良いと思いますし、
ご自宅でご家族で鑑賞するのも良いと思います。

一度見た後は、
お家で何気なくかけ流しにするのがおすすめ。

じっと見ていなくても、
気になる表現やフレーズがきっと頭に入ってくるはずです。

 

ディズニー映画なら英語の歌を覚えてみよう

例えば「アナと雪の女王」なら、
劇中に沢山歌が使われています。

お母さまがハンス王子、お子様がアナやエルサのパートを覚えて
カラオケで楽しむのも立派な英語学習です。

 

雪だるま作ろうの歌詞の最初のパートを覚えよう

例えば「雪だるま作ろう」の歌は、リズムも良いし早すぎず覚えやすいのでおすすめです。
最初から全部は難しので、
「雪だるま作ろう~から分かったよ」までの歌詞を覚えてみましょう。

 

アナと雪の女王「雪だるま作ろう」の歌詞

Frozen
Do you wanna build a snow man
Walt Disney Records

== Do you wanna build a swowman(雪だるま作ろう)==

Elsa?

Do you want to build a snow man?
Come on lets go and play

i never see you anymore
Come out the door

Its like you’ve gone away
We used to be a best buddies

And now we are not
I wish you would tell me why!

Do you want to build a snow man?
I doesn’t have to be a snow man

Go away Anna
Okay bye

 

これが冒頭の「分かったよ」までの歌詞です。
ここまでの歌詞には英語の日常会話でよく使う表現が盛りだくさん出てきます。

  • Do you want to~
  • It’s like~ (しかも完了形が出てくる)
  • use to be~
  • I wish you would~(仮定法)
  • It doesn’t have to be a ~

 

この先高校生で習うような文法もさっくり入っています。
高校生になって完了形や仮定法を習う時は公式のようなものを与えられ、なんだか小難しく教えられます。

ですが楽しい歌で学べば一発で覚えられます。
I wish you would tell me why!
のところを覚えるとどこにwouldが来て、wouldの後に動詞が来ていて・・・。
と基礎的な組み立てが覚えられているという事なので、

もし後に分からない問題に出くわした時も、
あの歌ではこの順番だったから・・・と正解に近づくことが出来ます。

 

難しい構文こそ歌で覚えよう

私が実践していた事なのですが、
難しい構文はなかなか覚えられないので、歌や映画・ドラマのセリフで丸暗記すると楽に頭に入ります。

シチュエーションと共に頭に入ると、印象に残る為忘れにくいです。

 

いかがでしたでしょうか。
今日は小学生を卒業して中学生になった頃始めたい英語の勉強法をご紹介しました。

「アナと雪の女王」という大好きなディズニー映画を使ってご説明いたしました。
見る・聞く・話す(歌う)の順番で、
楽しく日常でよく使う表現を覚えられると良いですね。

 

U-NEXT



アナと雪の女王を観るなら<U-NEXT>