英検4級に一発合格するために覚えたい英単語・フレーズ

英検4級は中学校中級レベルと言われています。
受験するとしたら中学生の間がベストです。

今日は英検4級に一発合格するために覚えたい英単語をご紹介します。

英検5級4級のテキスト

この記事はこんな方の参考になります。

 

  • 英検4級を子供に受験させたい
  • 一発で英検4級を合格させたい
  • 英検4級合格に必要な勉強法を知りたい
  • 試験に出やすい重要な部分を知りたい
  • 英検を解説しているブログを見たい

 

ABOUT ME
留学中にTESLという平たくいうと英語教師の資格を取りました。
英語が好きな子供が増えて欲しいという思いでこのブログを立ち上げました。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

英検4級に一発合格するために必要な英単語

人の様子を表す形容詞

  • busy(忙しい)
  • free(暇な)
  • tired(疲れた)
  • kind(親切な)
  • hungry(お腹が空いた)
  • sleepy(眠たい)
  • angry(腹が立つ)
  • sad(悲しい)
  • popular(人気の)
  • famous(有名な)

穴埋め問題などでよく問われる形容詞。

My father was very(       ) yesterday, because he had a lot of work.

  1. tired
  2. interested
  3. hungry
  4. free

このような感じで、形容詞のの部分を選択するような問題は試験でよく問われます。
ちなみに答えは1です。

意味:たくさん仕事があったので父は昨日とても疲れていた。

 

4級の問題は日常的によく使う会話文が多いので、オンライン英会話で自然に学ぶのはとってもおすすめです。

※中学生の間にネイティブから学んでいた子供は英語に対しての興味が深い子が多かったです。興味を持てるということはその先どんどん伸びる証ですのでぜひ検討してあげてください。

英検4級頻出の形容詞をうまく覚えるコツ

これは幼児教育向けの英単語カードですが、
中学生でも十分使えます。

単語をビジュアルでも捉えることができるので記憶しやすいです。
五感を使って覚えるのって意外と大事です。

◽️楽天市場で選べる単語カードを見てみる

単語カードを使って英作文をすると最速でスキルアップする

こういったカードを毎日数枚ずつ見せて英作文をしてみましょう。

例えばhungryの場合、

I am hungry because I skipped lunch today.
(今日はランチを食べなかったのでお腹が空いています。)

などなんでも良いですし、そこまで文法もしっかり気にしなくて良いので短い英作文をする習慣をつけましょう。

仲間の単語をふわっと理解する

この英作文学習においての第一ステップは、
一緒に使われる単語をなんとなくグループ化できるようになること。

先どのhungryなら

  • lunch
  • breakfast
  • dinner
  • drink
  • eat

など。
一緒に使われる単語をグルーピングしていくことで記憶しやすくなり、さらに幅が広がります。

単語カードを使ってただただ暗記していく方法と比べるとはるかに質の高い身になる勉強法と言えます。

 

英検4級試験によく出るフレーズもグループで覚えよう

テストによく出る動詞を覚える時も同じです。
よくセットで出てくる言葉があるならば一緒に覚えるのがおすすめです。

  • read a book(本を読む)
  • watch TV(テレビを観る)
  • clean a room(部屋を掃除する)
  • ride a bike(自転車に乗る)
  • send a letter(手紙を送る)
  • listen to the music(音楽を聴く)
  • play the piano(ピアノを弾く)

こういった動詞はよく一緒に出てくる名詞も合わせてフレーズとして覚える方が良いです。

また作文の主人公を自分や家族など近しい人にする事で、想像力が働き楽しく自然に構文を覚えていくことができます。

 

レベルを優しい物にするなら

ここまで見て、ちょっとレベルが高すぎると思われた方は5級を検討してください。

英検5級を一発合格するために必要な事【小学生のためのお家学習法】
小学生の間に英検5級を目指すことは実はメリットだらけです。これからの人生の大事な時にもこの経験が役に立つので、ぜひチャレンジして欲しいです。英語力を高める、ネイティブのような英会話スキルを獲得するそれだけではない別の事こそ価値が高い物です。英検合格に必要な事をすべてまとめましたので参考にしてください。

英検4級の試験とは

試験時間・出題数

筆記試験35分(35問)
リスニングテスト約30分(30問)

関連記事:【英検4級に合格する単語のレベル】小学生が受かる見込みはある?

英検4級に適した年齢は?

冒頭でも述べましたが、中学校2〜3年生が好ましいです。
高校生になってからでは簡単すぎて、小学生の間だと少し難しいといったレベルです。

英語スキルとしては初歩的な英語がわかる程度で大丈夫です。

【英検4級合格ライン】何割、何問取れば良い?

筆記・リスニングを合わせて65問のうちの60%前後を正解すれば試験の合格ラインです。40問ほど正解すれば合格ということですね。

 

英検4級におすすめの参考書

英検5級4級のテキスト

◽️楽天市場で「英検4級をひとつひとつわかりやすく。」を見てみる

このシリーズは本当に丁寧に作られた参考書です。
今回グルーピングして覚えることの大切さに触れましたが、まさにそれを先回りしてまとめておいてくれています。

ご両親が横について勉強ができない時、お子様一人でも進められるようになっているのが特徴です。

英検4級学習方法のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今日は中学生が英検4級を一回で合格するための

  • 単語・フレーズの覚え方
  • 英作文を用いた学習方法

以上をご紹介しました。
机に向かって勉強をするのではなく、日常生活・日常会話の中で覚えていくことをお勧めします。

オンライン英会話中学生・小学生がネイティブから学ぶメリット