CASECで力試し!TOEIC前に受験したい英語オンライン試験

お子様に英語を教えるにあたって、
これから社会人になるに向けて、会社でのさらなるスキルアップに向けて、留学準備に・・・。

TOEICやTOEFLなどの英語の試験を考えている方も多いですよね。

 

TOEICって難しい?
英検とどちらを受けるべき?
今の自分の語学力は?
好きな時に受験できるWEBテストはないの?

そのような疑問にお答えします。

キャセック 英語検定試験

スポンサーリンク

CASEC!TOEICを受ける前にWEBで簡単受験できるオンラインテストとは

最近認知度が高まってきつつあるCASEC(キャセック)とは、
英語検定試験でおなじみの英検が開発した英語コミュニケーション能力判断テストです。

企業や語学スクールから団体で受ける方も多く、
信頼度の高い英語テストです。

 

※有名私学中学・高校・大学でクラス分けに使われたり、
エイチ・アイ・エスやアサヒビールなど多くの有名企業もCASECを取り入れて社員の語学力育成を行っています。

※私が受けた結果・感想のみを知りたい方は下部へスクロールしてください。

CASECがなぜ沢山の人に選ばれるのか・理由

それは

  • いつでもどこでも、好きな時に受験できる
  • 試験時間が40~50分ほどと短い(長文問題がない)
  • 登録・支払いはオンラインで簡単
  • 結果がすぐ分かる
  • 初めて受験でも分かりやすいガイダンス
  • TOEICや英検に備えることができる

これらの理由からです。

試験会場に行かなくても、
試験日程に合わせて予定を開けなくても良いという「自由さ」と「スコアの信頼性の高さ」が受験者数を伸ばしているのだと思います。

 

試験時間は約50分!結果も終了後すぐに分かる

どんな試験内容なのかは、申し込みの手続きをする際にサンプルテストを各セクション受けることが出来ますので(4問)初めての受験でも問題なく進めることが出来ます。

問題形式を事前に知っておくことは重要ですよね。

 

また、テストの結果は試験後すぐに見ることが出来ます。

結果のシートには

  • 自分の実力(フィードバック)
  • 強化すべきポイント
  • 履歴書に添付できるスコア表

があり、とても役立ちます。

キャセック「無料サンプルテスト」(4問)の受け方

casec 英語検定試験

    1. 公式ページへ移動
      CASEC公式ページ
    2. 左側にある「受験前の3ステップ」→「ガイドツアー」→簡易テスト

 

※動作環境も確認できるのでおすすめ

オンラインでいつでも手続き・受験可能 (24時間)

思い立ったその時に受験できるのがとっても魅力!
実際私も「そういえばCASECっていう英語の試験があったな。いつか受けてみようか?」

と、気軽にHPへ行きその足で申し込み(クレカ払いなので一瞬で完了)をし、
5分後くらいにはオンライン試験をスタートしていました。

受験料は1回3600円(税込み)

 

学生でも、社会人でも、主婦でも。
1時間ほど空き時間があれば現在の英語の実力をサクッと試してみることが出来ます。

(PCとインターネット環境が必要です。)
(カフェなど外ならイヤフォン・ヘッドホンが必要です。)

リスニングテストがあるので、静かな時間・場所で受験することをお勧めします。
※私は自宅で騒音の少ないお昼頃受験しました。

 

CASECを受験しよう

CASECを受けると一発でTOEICと英検の両方の点数の目安が分かる

面白いのはキャセックを受験すると1000点を満点としてスコアが出るのですが、
それ以外にも

  • TOIECでのスコア目安
  • 英検級の目安

この2つが一緒に示されます。
例えばTOIECは受験したことがあるけれど英検はなくて、
自分がこの先何級を目指すべきなのかと言ったことが分かるのが非常に魅力です。

CASEC英語試験の大きな問いは4問

  • セクション1:コミュニケーションに不可欠な「語彙の知識」
  • セクション2:コミュニケーションに不可欠な「表現の知識」
  • セクション3:リスニングでの大意把握力
  • セクション4:具体情報の聞き取り能力

TOEICとCASECの違いを比較

 

試験名 CASEC TOEIC
料金 3600円(税込) 5725円(税込)
受験日程 24時間いつでも 年間10回
試験開催場所 どこでも(オンライン) 大学や高校
申し込み オンライン オンラインまたはコンビニなど
テスト時間 50分ほど 120分
問題数 60問 200問

自宅試験なのでカンニングができる?

自宅やカフェで受けることが出来るCASEC。
カンニングが出来るから高得点が取りやすいのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに、スペル打ちが必要な単語の語彙の問題は電子辞書などで確認ができるかもしれません。

ですがそれ以外はその時間的余裕はないと思いますし、
CASECは問題に正解したか不正解したかで次の問題が変化しますので、実力もなく正解しても問題がどんどん難しくなってしまうので逆効果です。

CASECを受験した感想と評価

受験した証明に荒い画像ですが載せておきます。

キャセック 英語検定試験

リスニング(聞き取り)テストの速さ・発音はバラエティに富んでいる

受験していて興味深かったリスニングの分野。
アメリカンイングリッシュだけでなく、ブリティッシュも出てきます。

また、会話速度はスピードが早いのものもあればゆっくりのものも。
(回答の正解不正解によって出題レベルが変わるからかもしれませんが)

アメリカで学んだ人にも、イギリスで学んだ人にも。
公平な試験だなと思いました。(割合はアメリカ英語が多めですけれど)

 

CASECの英語試験を受けた事でもらえたフィードバック

私の場合は「専門知識」の分野を伸ばさなくてはならないという評価でした。
なるほど、痛いところをついてくるな、といった感じで再確認できました。

完全に見抜かれてしまった感じです。

 

留学時とTOEICの予測スコアは変わらずで良いのか悪いのか分かりませんが、
できる事ならもう少しスコアを伸ばしたいので、早速今日から専門的な分野のボキャブラリーを増やそうと思います。

 

スコアアップ対策の鍵は熟語

また、受験してみて難しいと思ったのは「熟語」です。
より多くの熟語を知る事で、スコアを伸ばすことが可能です。

例えば、出題された問題の中からこの表現。

take the gloves off  ・・・本気で取り掛かる

こういった感じの表現って、知らないと終了です。
他の選択肢から消去法で絞ることもできますが、この熟語の意味を知っていれば秒速で回答できますよね。

英語の試験に熟語の知識は必須。

こんな風に自分のウィークポイントが分かるので対策をしやすくなりますし、
何よりも英語学習への士気があがります。

 

TOEIC対策・英検対策がしやすい

今現在のトーイックのスコアや英検の級が分かるので、

  • どんな参考書を買えばよいか
  • どの分野の勉強を強化すればよいか
  • 何をしなくてよいのか

こういった事が分かります。
目標とする試験を受けるために必要な事がわかるので、英語の学習がしやすくなります。

 

CASEC(キャセック)を受けて良かった!口コミ通りだった

CASECはなんとなく人づてに聞いていて、受けて良かったという評価が多かったので、

デスクに座って思いつきで手続きをし、受験をしましたがとても満足しました。
全く勉強をせずに受けましたが、難なく終了しました。

 

キャセックを受けた事で

  • 自分の弱点
  • 現段階での実力
  • TOEICのスコア予測

これらを知ることが出来たのはもちろんですが、
もっとえいごを勉強したい!という気持ちを獲得できたことが何より嬉しいです。

 

TOEICと比較して思う事

TOEICの個人受験料は5725円ですので、それよりだいぶ安い金額で受験することができました。
クオリティも英検・TOEICそのものですので、本番前のテストとしてCASECで腕試してみませんか?